クラウド開発、SAAS開発のワンダフルフライ

「i勤怠」製品を大手コンサルタント会社のビッグプロジェクトで導入

2016.06.17

昨年末発売以来、中小企業を中心にご好評を得ております、弊社勤怠日報管理製品「i勤怠」は7月1日、ワールドワイドに事業を展開しております大手コンサルタント会社(外資)の実施プロジェクトに、正式に導入されました。

期間が数年に及ぶビッグプロジェクトでは、取引会社を含めて100名以上の要員が複数の拠点に従事します。
プロジェクト発足当初の業務管理は、各人が表計算ファイルにて業務報告していましたが、ご運用上の課題が多く、「i勤怠」に注目いただきました。無料版でお試しいただいたところ、勤怠や日報の管理機能が高く評価され、運用に最適化するようカスタマイズを施した上で、有償版として本格採用に至りました。
既に稼働中のプロジェクトへの適用は、厳しい納期が求められておりましたが、お話しを頂いてから導入まで1.5ヶ月のスピード導入を果たしました。

「i勤怠」は弊社のSaaSForce(業務アプリ開発・運用基盤)にて構築されており、既製品導入の手軽さと、カスタマイズも可能な高い柔軟性を合わせ持つ特徴があり、今回はそれが存分に発揮されました。

「i勤怠」は、スマートフォンからも利用できるため、今後はIOT(Internet of Things)の時代に向けた新しい活用法にも期待が寄せられています。

TOPへ戻る