クラウド開発、SAAS開発のワンダフルフライ

  • Home
  • AIロボットを活用した Java開発の自動化が止まらない!

AIロボットを活用した Java開発の自動化が止まらない!

セミナーご報告

2017年11月14日 日本IBM主催のWebセミナーに登壇致しました
https://www.ibm.com/products/specialoffers/jp/ja/seminar.html(開催済)

IBMのBluemix Infrastructure (クラウド)にて提供しております、SaaSForceプラットフォームで動作する自動開発ロボットサービス(E-Labor)のご紹介を、Webセミナーにて行いました。

  • 一定期間、資料の入手やオンデマンド視聴ができます(視聴者情報の入力が必要)。
【ワンダフルフライ x IBM】AIロボットを活用したJava開発の自動化は、もう止められません!

【ワンダフルフライ x 日本IBM】
〜すぐ使えるSaaSForceプラットフォームのE-Labor機能紹介〜

Bluemixでご体験ください!
開催日時:2017年11月14日(火曜日)17時から17時45分まで

視聴のお申込みURLはこちら(無料)
https://www.ibm.com/products/specialoffers/jp/ja/ws_bi_saasforce.html

特長
ワンダフルフライ(株)のSaaSForceは、超高速開発や次世代開発手法だけでなく、Excel上に設計記述する従来型の開発技法においても、Java開発に対し以下のメリットをご提供します。

  • AIロボットを活用し、80%超の自動化を実現
  • 月単位の開発期間が、分単位までに短縮
  • 運用環境はボタン一つで構築、すぐ使用可能
    E-Labor紹介:http://www.saas-force.com/
    (※全機能を1ヶ月間使える無償トライアル受付中)

詳細
業務システムの設計書の多くは、まだまだExcelで作成されていますが、日本語で記述したExcelシートの画面設計書、帳票設計書、ロジック記述書非機能要件書を、SaaSForce開発プラットフォームで直接認識・分析させることで、Javaシステムの構築を自動化します。このAIロボットは、SaaSForceプラットフォームのE-Labor機能としてBluemix Infrastructure 上で提供されます。
よって、いつでもどこでも本格的なJavaシステムを自動開発できます。

TOPへ戻る